他人を不快にさせないための横断幕使用例

横断幕はビジネスアピールや応援、注意のサイン・メッセージや主張など様々なことをアピールするアイテムのひとつです。大型ですが看板のように重量はなく、やわらかく柔軟な素材で出来ているので、使い勝手のよさが魅力のひとつといえます。また近年では印刷技術や素材の耐久性や扱いやすさの向上などにより美しい印刷や様々な色彩などもプリントで再現できるのでどのような依頼にも柔軟に対応できるようになっています。特にデザインや色彩は商品やイベントのイメージを印象付けるうえで大変重要な要素です。その為、多くの人の目につきやすく印象に残りやすいので注意点も多数存在します。印象を強く残しながらも見る人を不快にさせないデザインなどを考慮しながら作成する必要があります。

様々な種類の横断幕 依頼する際のポイント

ビジネスやイベントで使用される横断幕の主な役割はイメージや伝えたいことのアピールがほとんどです。基本的なポイントは、伝えたい内容の誤字脱字は大変不愉快な印象を与えます。わざと違う字をあてて目をひく方法もありますが、その場合は明らかに意図があることが見る人に伝わらないとクレームなどの原因にもなってしまいます。また見る人によってはストレスを与えてしまい、イメージダウンにもつながってしまいます。デザインや文面を考える時点で、そのような結果にならないような注意が必要になります。またいくら注目を集めたいからといって、有名なデザインや既存のデザインの引用などは避けるようにしましょう。(著作権というものが存在します。)特にビジネスの場合、「著作権を知らなかった」では済まされないので注意が必要です。

見る人が不快にならない為のデザイン

屋内の限定した場所で使用するような横断幕以外には、露骨な性的表現や未成年に害や刺激を与える、まわりの環境を考慮していないようなデザインは避けるようにします。たとえ短時間であっても屋外の多くの人の目に映る場合は、このような不快感を与えがちな要素は省いておきましょう。また伝えたいメッセージがわかりづらいデザインも考え直す必要があります。使用するデザインや写真の解像度や大きさにも注意が必要です。あまりに解像度数の低いサイズの小さい画像を使用すると、引き伸ばして印刷することになるので大変目が荒い、何が印刷されているのかわかりづらいデザインになってしまいます。また目が粗いことにより、不快感も与えやすいので原稿をおこす際に依頼する業者の規約をよく確認し、印刷に必要なサイズと解像度のデザインや画像を使用するようにします。